読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょこっと?、プチ? カード の登場

プリペードカードといえば、パチンコ業界。その起源はあまりにも不正経営(脱税疑惑)から、売り上げ金額をガラス張りにするといった、イメージで、開始されたもので、当時は大変な胃のベース音でした、パチンコ店の程映画立ち行かなくなるのではとか、閉店に追い込まれるテンポが属しつするのではとかですね。

ふたを開けると、それがもう真逆と言える様な市場で展開状態で、初期のパチンコフィバーブームの再来で、国庫客数や店舗数は激増しました。

いわゆる、出る機械がフツーに認可され導入が加速、

いくら負けても一発逆転があり得るというゲーム性が認知されると、パチンコ依存症ユーザーが増え、連日連夜の繁盛状態、開店からすぐ午前中に1000万円の売上を上げ店舗が多く生まれました。1990年ですね。

パチンコ業界はバブル崩壊後から、逆に盛り返した業界ですので、異質でした。

パチンコ台が売れて、テンポが儲かると、勤め先もの経営も良好となました、注文注文と大忙しです、そんな中、パチンコ店不可欠なパチンコ玉の製造が追いつかず、新店舗の開店が出来ないという事が長く続きました。

せっかく新店舗を建設したくても肝心の玉が用意出来ないとダメと、ジレンマは続き苦しい時代が結構続きました。

供給できる企業が1社でしたので、どうにも生産量の限界がありました、次に怒るのは、短歌のアップ、儲かるパチンコ店は、いくら高くても買うぞとばかりに争奪戦です、闇ルートさえ、形成されました。話を戻しして、

大変高価な、

パチンコプリペードカードシステムですが、あっという間に納入は完了。

電子マネー機能付き組合員証「ちょこっとカード誕生!」

それらに関わった自分は基本IT系、このプリペードという仕組みに感動した、世間で唯一成功したかの様なプリペードカードはコオパチンコと電車のスイカだけと感じたが、ものすごくん狭い業界でのプリペードカード(金額チャージタイプ)の市場は無限と感じたのですが、逆にパチンコイメージとテレホンカードの偽造イメージで、普及にブレーキがかかった感じがします。

 

 

コープ生協で「ちょこっとカード」を導入とアナウンスがった。

行為c=った業界に普及してもらいたかった、コンビニとかね。お子様向けに便利だろう。計画的に使うお勉強も兼ねて。底辺から、その仕組みを覚えて貰う意味でも良いと思います。