MacBook Airの劇的登場

2008年、今から、15年前」あの伝説の人、スティブ・ジョブス氏が健在であった時の話、

壇上で、ごくごくどこでも見かける、やぼったい茶封筒から、1台のノートパソコンを取り出した。

 

それを客席から、ライブ配信で見た多くの人々は。「えっ」と驚いた。

もうそれは、ハリウッド仕込みの演出だ。

 

よくぞやってくれた、

アルミボディーの美しい曲線美なそのデザインは薄過ぎる位だ、

事実その後初めて、フレら時にはさらにその薄さと軽さに驚かされた。そして何より、その性能。起動は早いし、動作処理全体が、

妙に早すぎる、標準氏仕様で、

kiokudeha,

2GBメモリに

プロセッサはm1.5GHz程と、さほどではない

数値、がしかし、この時初めて、SSD(Solid State Drive)のレスポンスを体で知った。

津城初期、書き込み回数に制限があるとか、なんとかと、下馬票は

酷かったし、時jつ技術的な根拠も知れていたが、

実際はそんなこともなく、

ストレージとしての、弱点を全て解消させるパワーを持っていた。

その延長に、Apple silicone搭載の MacBook Airが市場で幅を利かせている。パワフルなのだそうだ。

バッテリーも持ちも良くのだという評価しか目にしない。

厚み0.41〜16.1cmで、重さは、 1.29kg

M1チップの恩恵でメインメモリは標準で8GBだ、

ただただそれを書き留めたかった。

本年は、どれだけ、半導体の文字を目にしただろう。

本年は、どれだけ
一般の情報ニュースとして。「半導体」と言う三文字が社会に報じられただろう。半導体不足、
台湾TSMCの熊本工場、政府5千億円支援、台湾メーカーが日本に半導体工場を建設、のニュースには本当に驚いた。
半導体が不足で、自動車が作れない。
台湾積体電路製造(TSMC)が日本で計画しているのは、回路幅が22~28ナノメートル(1ナノメートル=1ミリの100万分の1)の前世代型のものだ。より幅が小さい最先端型の工場は米国で建設中だ。
余談だが、それろりさらに旧世代の製品は、日本国内で製造する工場はあるが、そこも許容を超えている様子。
ちょっと、箱(工場)を用意して、機械を並べてで、半導体が作れる訳では無いのだ、ましては、女工を並べてものつくりという時代でもない、それは、明治富岡製糸場
の頃の話。しっかりと、訓練トレーニングし経験を積んだ、エンジニアが居なくては、日本がが誇ってきた、品質の維持は出来ないのだ。

それでも、工場を作り、需要に備えなくてはと、気が付いたのだろうが、今回の一歩なのだろう。
TSMC半導体の総売上高で、米インテルや韓国のサムスン電子に次ぐ3番手。企業の規模を示す時価総額は約60兆円で、日本のトヨタ自動車の2倍近い。グループ企業の従業員は計約5万6千人。米アップルや日本の電機メーカーなど、多くの企業に納入している。

メインプロセッサは、
元祖、Inteldsw、その周辺は日本というあの時代に戻れるのだろうか心配だ。

半導体とは、
金属シリコンという鉱石から作られる、ある条件下でのみ、電気を通すと言う、特性をのつ材料で、
1950〜60年代に、真空管から、トランジスタに移行した際のゲルマニウム鉱石を主材料とした、ゲルマニウムトランジスタに置き換わる、熱に強く、資源の豊富な素材として、今に繋がる主材料として成長してきた物、その製造の中でもC-MOS(シー・モス)と呼ばれる
素子の製造は、かって1980〜90年代の、日本のお家芸でした。
その技術で作られる、半導体メモリは、
大きな輸出品目として、世界に供給されました。
同時に、それらを作るさまざまな、関連企業の成長も、大きな外貨獲得の柱となりました。
完成品としての、プロセッサや、メモリーは、韓国や、海外製が主力となり、
もう数10年経過しましたが、
その間に、半導体を作る、使うと言う、市場は大きく変化します、より高性能なプロセッサには、より回路配線の幅の細かな事が必須となります。
その数値も目安は、10nmと言う数値幅以下となります。
 PC(パソコン)(パソコン)用プロセッサで有名な Intel社のプロセッサが、この10nmと言う仕様のプロセッサに失敗したことで、
数値性能的に、唯一ライバルのAMD社に乾杯すると言うことが、実はそのすじでは起きていたのです、 AMDの7nmと言うプロセスでのプロセッサ製品は、驚異的なベンチマーク・スコアで、intel製品を1世代、2世代過去の物であると知らしめたのは、ちょうど、コロナが流行し初めの頃。
2021年後半にようやく、10nm製品を
リリースした事は、意外と思われがちだが事実。
第12世代インテルCoreプロセッサー(Alder Lake)がそれだ。
その間インテルは、14nm等との少々古く性能効率や利益率の低い、製造プロセスで、
繋ぐように製品を出荷、
市場に応える形は、多々真しく見える程だ、Intel in side として、絶対王者と思えた、Intelの立場は揺らいだ。もとより、出荷数では、
もう PC(パソコン)用プロセッサよりも、TSMC 社の得意とする、 SoCと呼ばれる、iPhoneを代表とする、スマホ(smart phon)向け製品の方が、活性が高いと言うのが、実情で、事実、その譜面の方が、平成の終わりには、大きな売り上げ結果を増していたのだが。
TSMCの熊本工場だが、ここでの生産が、
安定してきたら、その次として、 10nm以下のプロセスの製造に関われる
人材もそだっちる事だろう。
九州では、インフラの拡充ぬ追われているそうで、新幹線の駅を作る等の、検討の必須と噂されており、
不動産業も、活気付いているそうだ、
この様な工場では、本格生産前の、試験運行に始まり、多くのメニューを踏んでやっと、出荷出来るレベルになるものだ、山つきほど前に、
工場建設げんばの、報道がなされていたが、そのクレーンの数から、そうトイ急いでいるのだろうとは感じ取れた。

さらに、
2022/11/11日には、2nm半導体の国産製造会社ラピダス(Rapidus)社が、始動、トヨタら8社が出資し5年で量産開始というニュースが、飛び込んだ。
これまでにも将来的にはという、この様な数値を歌う、最先端技術の情報はニュースにはなっていた記憶では、IBMとかだ。
研究k始発品、700億円を準備するとの事。理系の、学生に就職先の選択肢は広まった様子。
実は悲観的な話題ばかりでは無く、現在、世界で一番、あの議員さんおいう通り?二番の
スパコン(スーパー・コンピュータ)は日本の技術で達成出来ているし、

 PC(パソコン)(パソコン)において
重要な技術である、グラフィクス分野では、世界が認めざるおえない、プレステの技術は、国産の技術、極最先端は、実は有してそれも、成功しているという実籍はある、2nmとは言わないが、5nm以下の製造が可能になれば、
追いつくではなく、追い越し、世界変える事がも視野にあると見えtw来た。
追う者の強さこそ、戦後あの高度急成長の日本の背景、

 会う程度の OBやOGの再雇用もありうるだろう。
1980-90年代
日本から、
技術漏洩、エンジニアの流失が大問題となったが、
今回はその逆もありうると、感じている
自分だ。

北海道と、半導体の話題、2022年12月の終わりに、驚くニュースが、
新種の鉱物が発見されたとのニュース。
驚きだ、ところで北海道の、苫前で、苫前鉱ともう命名されている様子、
プラチナを主成分とする新鉱物でとの事、プラチナは、その半導体製品の西欧に欠かせない、貴金属で、金よりも大変高価な材料です。

半導体王国日本の復活なるのか。
まだまだ、この半導体ネタから目は外せない。

 

 

自分のための、クリスマスプレゼントが待ち通しい. . .

写真は、KEYESTUDIO USBケーブル付きArduino UNO R3用 V4.0開発ボード
¥1,699(税込)と言う物、オリジナルは、もっとシックな下記の一般的な、緑色の落ち着いた物なんですが、そのご完成品と言うのが、たくさんあって、その中の一つ、奇を狙ったんでしょうが、これらの究極と言えるのが、この黄色の一品。

最も、この回路基盤、オープンソースハードウェアとして、こんな感じに自由にm作って、売ってもいいんですがね、

やはり、中華製品が、圧倒的です、

デフレのおかげで、ピーク時には

一枚500円ほどで、販売されていましたが、

あれほどもう無理と言われた、デフレが、安倍総理のおかげで、解消、ちょっと残念、もう500円では、売っていません。

 

見た感じ、互換性の高そうな作りに見えます。、でも本当に、ケバいですね。
コレクションの一つにと、注文しました。
本家オリジナルは、イタリア製で3500円程ですが、この黄色いご完成品は、

接続ケーブル付きで、その1/3 程度とお買い得、これを使ってある物を設計、商品化を狙っています。

まぁ、ケーブうはもう手元に 三本ほどあるので、どうでも良いのですがね、

ダイソーで、一本100円で今でも変えます。

この付属のケーブル噂では、「火チゥカチのかたいケーブルで使い難いという情報ですが、、その硬さを競うマイアもいるんでし、飛鳥無いですよね。先ほど見るとAmazonですが23日着の様子。

 

この基板で、作成した、ICソケットに差し込まれた、28ピンのプロセッサチップを使うだけなんで、コストは350円ぐらいなんですがね。

 

 

悪い人

北海道東部(俗にいう:道東)の根室管内某所、その当たりでは、良く見かける、河川加工では流石に巣は行かないが、数キロ上流では、
ガンあれば、飛び越せる程の川幅の場所もある。ほぼ全ての箇所は、胴付きと呼ばれる、
胸まである靴を装着していれば、渡れるほどの流れ、
ヤマメ、やまべ、アメマス、イトウが釣れる、小川がある、御影は濃い、年に一人も入らない様な河川も多い。

札幌在住だが、実家には、その河川の一つの源流地が」牧場内にある。年中乾く事の無い、窪み地の染湧水、それが源流なのだが、3.2mと言う延竿に、3号のテグスと、すこsぎ大きめの10号程のチヌ針1.5号
ハリス付きを組み合わせ。餌は、実家の牛舎横の肥ばのミミズ、40cmお超えた辺りからは、興奮の引き抜きだ、この組み合わせと、近代のカーボンロットなら、タモなど使う事は無い。
長年の研究のコツェは、ヘラブナ用の硬調竿が丈夫だ。無理すると、40cm超えると、折れた事も。

ところで本題、この川に音でもない族が、侵入、
なんと、川に、農薬を大量に流すという、とんでも無い事を行った犯罪者が過去に居た。川には大量の魚が浮いた。今から、30年ほど前だ、農薬の袋があったので、原因が判明。
いりつもなら、確実に絶対釣れる、はずのポイントで、ぴくりとも反応が無い。すぐに、川の様子が可笑しいことに気が付く、水は澄んでおり、もしコップ1杯なら飲んでも、健康に害がある様な感じでは無い。
夏でもとても冷たい。
もちろん、 エキノコックス寄生虫等の、感染もありうるので、直飲はだめだ、一旦沸騰させると、一分で完全死滅と言うのが、保健所の指示だ。

 

女川だが、その後自身が、病気で、釣りにはいけない体に、もう一生むりと思っていたが、

その後のリハビリで、生きているうちももう1度ぐらいなら、竿を入れる事ができそうだと、感じている。

あの川も、回復しているだろう。

 

 

globeのケイコさん復活

globeのケイコさんといえば、音楽グループ復活ヴォーカリストとして、知られる人ですが、残念な事に、脳卒中くも膜下出血)にて、倒れ、その後、リハビリを続けていたことは良く知られる所。

多くのファンもそうでしょうが、自分を含めた、これまた多くの、脳卒中患者、経験者からすれば、ごく普通風に?ラジ番組に復活、活動再開が出来ている事は、一つの大きな、希望の光の一つとして、嬉しいニュースでした。

個人的には、ドイツや、スペインにサッカーで勝つよりもです。

 

多くの場合、重度の、運動や言語障害の後遺症にて通常生活が困難なんですが、程度低く、復帰なされたことは何よりです、今後の活動を見守りたいですね。

TSMC(台湾積体電路製造股份有限公司)がもたらした、経済変化

TSMC(台湾積体電路製造股份有限公司)
その名の通り、台湾にあり、世界最大の半導体受託製造企業であり、世界初の半導体専業ファウンドリでもある。その大口は、米国Apple
いざずがな、あのiPhoneや、 iPadにに使われている。 Apple siliconeと言う自社オリジナルのプロセッサを机上で設計デザイン、それに基づいて、半導体バイスチップに製品化するのが、TSMCと言う構図。2000年初期から行われていた様子で、事実、Appleの MacPC内には、 TSMCのマークのある
パーツをよく見かけた。Apple社のこれらプロセッサは、ARMアーキテクチャと呼ばれる、仕組み設計思想でデザインさえているのだが、sれ自体の共同製作者でもある、Newtonと言う世界初の 手書き入力を可能とした、PDAに搭載したプロセッサが、ARMとして初めての製品応用とされているので、それを知るものとすれば、iPhoneや、 iPad、そして2020年からMacPCに使われて、すざましい能力を発揮しても、歴史ある経験技術のなせた技としか感じなかったが、このk面とを書き込んでいるのもMac miniと言う、MacPCなのだが、 M1と言うApple siliconeが搭載されている、発熱はほぼなくて、PC(personal computer)(personal computer)本体はヒヤッとする程冷えている。また、本体にm 電源回路がと再されていることを考えると、 ITハードウエアエンジニアの経験者としては、「ナニコレ?」としか言えない。
さてここからが、本題なのだが、
これらのプロセッサは、TSMCの製造プロセス、により実現出来ている。5nmと呼ばれている、超微細な回路パターンにより実現出来ている。
この数字が小さいほど、より高機能のプロセッサを作る事が出来る。
あのIntel者でさえ、その5nmでじゃなく、その2倍の10nm程ですから、TSMCは勝者なんです。
2022年、 Webや TVで、半導体不足で、自動車工場が操業停止という話題で、大騒ぎ、半導体不足という、話で持ちきりでしたね、
さらに夏頃に熊本に、そのTSMCの工場を日本政府も出資して件sr津が急がれていると、ニュースが方づされています、地元九州では、人材雇用沸騰で、大騒ぎのようで、
従ts区、マンションの建設もラッシュ上地とん事で、その計x剤効果は、数兆円ということも話題です。
処でこれら半導体日本dでもそこそこには作っているんですが、5nmとか10nmじゃないのですが、50nmとか泥土での生産は出来るんです。
元々これrの製造において、日本は世界シェアを誇った時期もありましたが、それら技術が、韓国や中国に流失、競争力を失う過去がありました、それら半導体を作る、装置の販売に傾倒します。
最も、国内で品質が良くても、5nmと比較すると、価格で負けるんです。
そんで、この戦時t、トヨタ自動車ファミリーな、デンソー社が、半導体製造業に乗り出すと、発表が、デンソーで生産する様々な、部品には、半導体チップが使われており、それが京キュできず、自動車工場の創業に影響がという事。
情報では、 TSMCdeha5nmから4nm,3nmによる製造が行われ始めているとの事。で、今回のデンソーの発表でも、2nmのプロセスを実現するという、話が出ています、それが実現するか否かは未知数ですが、今から20年前、10nmも壁は理論上不可能と言われていましたが、世の中の主流は10nm,5nmです。2nmのプロセスの製造に成功できれば、業界の力関係が、ガラリと変わることは間違い無いでしょ。プロセッサや、高解像度、カメラ等に使われるのです。
半導体立国と呼ばれた、あの頃の再現はあるのでしょうかね。

Mac mni M1 256GBSSD(Solid State Drive)の容量

この10月に購入した、9年振りの新機種。Mac mni M1 256GBSSD(Solid State Drive)だが、標準エントリーモデルだ。目玉は、Apple siliconeと言うApple社オリジナルのメインプロセッサは、それまでの WindoedPC同様からの移行だ。

すこぶる、高性能だ。

購入時に悩んだのが、増設メモリや、創設の SSD(Solid State Drive)についてだ。iPhoneを代表とする、スマホ(smart phon)同様い、後からふあせぬ物では無いので、かなり悩んだ。

標準のメインメモリは 8GBとそこそこ、主記憶ストレージは SSD(Solid State Drive)

de256GBだ。買ってみて、1ヶ月経過、この仕様で良かったと思っている。

その理由なのだが、それまで使っていた、ストレージの使用容量は、500GBを超えていた。

その内容だが、bっ区アップという言い訳の、必ずしも必要のない、同じ内容のfyぁいるの累計のせいだ。それらを今回大幅に整理性と運という名の、排除を行うと、驚くことに、すぐに200GB程カットでき、標準の256GBの容量に収まった。そこから、さらにm整理整頓すると、今普通に後残り容量40GBと言う状態で使えている。

モッtもまだまだ、fyxアイルのお掃除は可能なので、十分だ、あまり空き容量が無いと、 PC(personal computer)の動作に影響もでうので、空いた時間で、クリーニングをする考えだ。

と言う、感想です。