M2プロセッサを早く、スッキリと導入したい。

いや本当に、まどろっこしいというおが、正直な処の、今の macPC の環境。
愛機は iMac 27インチの2013年それも12月末納品の製品だ。
即、事前に購入済みの、追加のメモリを16GB 追加、さらに2TB の USB 接続の外付け HDD(ハード・ディスク・ドライブ)(ハード・ディスク・ドライブ)にて、それまで使って居た、iMac の環境を TimeMachine.app による Apple社純正の bっ区亜xtぷ機能で、移行して利用という環境。
正直かなり快適で問題はないのだが、2013 年12月からもう既に
10年、隣、正直もう完全に壊れる前に、買い替えたいという気持です、それで今のアッピルの流れなら、と同様の27インチか、一時期噂のそれより大きな画面の iMac の Apple社 M1プロセッサを搭載した製品が出るものと期待して居ましたが、噂からもう2年x近く土嚢わしゃ消えました。まぁあくまで噂なんで ね。
私してこの3月にはこれまでの MacPro を軽く上回る、 Mac Studio 発表さらに続く、 れで、この6月の WWDC2022では、次世代と言える 、Apple社 M2プロセッサがノートに搭載されましゅた、この発表により、自分はもう、一体型は諦めて、Mac mini をベースに外付けの32インチ外付けモニターとの組み合わせにしようと、こk路に決めました、がしかし、今回の発表の、Apple社 M2プロセッサを見る限りその評価は結構な物と、現在の    8GBユニファイドメモリか購入時オプションの16GBユニファイドメモリに対し
M2プロセッサでは、16GBユニファイドメモリと24GBユニファイドメモリが選べるんです。さらにもちろん M1に対して M2の方が基本的に性能が高い。
とだらだら書き込みましたが、2020年11月の発表からもうs越で2年経過の、Mac mini のアップデートもアリスな雰囲気はすごくあるので、それまち lアナというのが正直な処、、
内臓の SSD(ソリッドステート。ドライブ) ストレージは別に 256GB でも構わないんです、外付けの M.2 SSD(ソリッドステート・ドライブ)でも十宇文使えることは実証済みなのでね。必要に応じて接続して macOS が kどう出来る程度で従文です。 増やせば良いと言う考え。
それをじっと待っている自分です。

もう戻れない「白地に黒」ダークモードの良さ

PC(パソコン)業界において、 Apple社が、マック(Macintosh)の発売で、強くインパクトを与えたのが、その、「白地に黒」と言う画面表示の普通。

紙に墨、紙にインクと言う書の歴史の中で、コンピュータでモニタが使われ、その初めての景観が、黒字に白や黒字に緑といった単色表示、其処に1960年代かブラウン管モニターによる表示と言う、試みが行われた初期は、研究と発明の連続、まだprocessorのない時代の話で、大量の電子回路の集まりで、大きめのクローゼットほどのキャビネットほどの容量を日長tした装置でした。
やっと、7色表示が出来る様になったと言う感じで、実験的な要素が100%でした、必ずしも、コンピュータのモニタと言固定された物ではありませんでした。どう使いのかという、ソフトめんが追いついていない時期を長く経過させます。やgて、実演前に、グラフィクスと言う応用分野の研究がされる事で、どんな機能を持つ、グラフcイクス機能があると、そさそうだと言う研究が先行します、これにより、PC(パソコン)の画面表示の可能性は高まります、その先行は、あくまで EWS(Engineering WorkStation)への導入でした。これがそのまま、需要の高かった、2D-CAD そして、3D-CAD アプリケーションの商品化を後押しします、 EWS での技術が PC に利用される、構図が出来あがりました。1980年代、 EWS を追う関係であった、 PC が、ハードウェアに於いては、 PC(パソコン) がその性能を上回ると、それまで EWS で設計されていた多くのアプリ(application software)は PC に移植され、EWS は退化、世の中から消えました。

1970年代中期パソコンが登場する、さし当たり的な、グラフィクス機能が搭載される。

そのテキストに対して、色の指定が出来る様に、ブロンクする機能が加えられ、画面の表示は急に賑やかになる。そして、テキスト表示に対して、グラフィクスを重ね表示出来る機能が加わる事務系の亜プロでは、罫線の表示に大活躍する、

1980年中期(Macintosh)の登場を機に、その最初は、モノクロであったが、仕様の中に、カラーに対応する配慮がなされており、応用に、カラー表示ができる、(Macintosh)が追加発売される。その可能性に気づいた、多くのベンダーが、(Macintosh)に投資された、グラフィクス機能を上回る、グラフィクス機能をる開花する、拡張基板製品をリリースすると、(Macintosh)の本体の価格を超える製品迄現れた。実際にそれら製品の能力は、

まさに目を見張る物で、みたものを驚かせた。すると、(Macintosh)自体のグラフィクス機能も高ま流、これは IBM PCも追従する。

結果、グラフィクスチップを専門とするメーカーあ多く登場する。俺らメーカーはぶつかり合い、合併を繰り返し、グラフィクス寿夢に突kしtコンユーターをリリース数、ベンダーが登場、EWS(Engineering WorkStation)押して、PC(パソコン)の兄貴分的な存在として、 UNIX OS(Operating System)を搭載し、業務用、研究、技術者向け今pyーターとして、様々に特化した、システムに成長、今のIT / PC産業業界の礎を築きます。PC(パソコン)

も当初は「黒地に白」と言う表示外xtyパン的m、日本では、縦横16ドットで作成された、日本語(漢字)常時が可能な、コンピュータが求められました、オフィスにPC(パソコン)されるPCを訝しげに冷視していた当時の中高年は、PC(パソコン)に対して何かしらケチをつける傾向は高かった、確かに、美しいっ文字を誇って業務に活かしてきた諸先輩たちに対し、辞書も使わずに、さらさらと、文章を作成きれいに印刷するワープロの普及に、職場っでの存在をおわえるのではと言う危機感と、そんな PC(パソコン)が使えないと言うプレッシャーと、自分たちも使う時代なる予感から、出来るなら、避けて通りたいと言う事が合わさりました。

例えば、昔から、文章とは、白い紙に、黒文字で書く事が自然駄々とかと、言っていましたが、 Windows95の登場で、PC(パソコン)の(application software)の多くが、その「白地に黒」となりました。最も覆うの縁jにあは、従来の「黒地に白」を求めました。理由は、目に優しいからです。

私個人的んも、その傾向はy強く、可能なかぎり、アプリ側で「黒地に白」となるよう設定を行い、利用して来ました。ところが Apple社は、2018年にmacOS Mojaveにて、ダークモードという、黒を基調とする、利用を標準としてサポートしました。目に優しく、長時間の PC(パソコン)利用でも疲れがおさられ、瞬く間にそのモードをパポーとする、アプリ(application software)が増加します、例えば、表計算フォフトはその両例

で、意外に ダークモードが、名前自体に賛否はあれど、従来表の中に黄色や、緑などのカラーの文字は見にくいため使いませんでしたが、ダークモードなら、美しく見やすく表示され、使う事が増えました。

ラーメンの 富公

自分の知人にはよく知られた話、自分は極度の猫舌。

どのくらいかというと、郷ひろみの「アッちぃーチー」というぐらいで、ラーメンでは、氷入りのお冷やをグラス1杯そのまま入れてから食べる程。

まぁなんでしょうかね、いろいろな逸話があるのでいくつか、その一がなんと言っても過去に狸小路7丁目にあった。ラーメンの 富公、頑固一徹というノまさにお似合いの店で、近辺に京れるな出汁匂を撒き散らしている、その筋には人気の店だった。高校3年の冬休み、一人で入ったときの事、迎えの梅澤無線に用があり、その前に腹ごしらえ。事件が起きる。

店主は少しでも暖かな所をと気を配り、どんぶりに湯を入れて、軽く温めるのが、一般的、でも個人的にはやめてくれと言う所。もしそれがなかったら、良い店というレッテルが張られる。

出てきたラーメンかいかにも熱々、早速、コップ一杯の水を入れる。

運悪くそこを見られる。そして食べ始める。

するといきなり、睨み付けられて、金はいらないから、出て行ってくれと怒られる、そんな時3名ほどのお客が入ってくる、異様な店内の雰囲気。自分は立ち上がり、お金を出すとすると、金はいらない、もうこないでくれと、そこまで言われる、もう恐怖でしか無い、本当におっかない、すると入ってきた客が、醤油とライスと注文すると、いきなり今度は主人が、うちはラーメン屋だ、コメが食いたいなら、他に行ってくれとかと起こり出す。客はいきなり立ち上がる。修羅場だ。結果帰りには、すみませんと頭を下げて、店を出た、やられれるかと思いました。

 

でもそのご就職内地の客に海ラーメン屋はと聞かれて、自分がおすすめなのは富公と、

説明する自分でした。あとでその事を説明して受けましたね。

 

西岡のステーキ・ビクトリア、ランチでハンバーグを頼む。出てきたハンバーグは熱々鉄板で、ジュージューしている。余計な事を。そしてすこし遅れて、お米も運ばれてきたので、早速、少し、水を入れたら、半端ない湯気が、ジューッと、すると、店長らしき人が飛んできた「あっまずい」と直感、店長らしき人の◯◯と申しますが、何か不備でもとかなんとか尋ねたれた、とにかく謝っている。

知人と3名とも帰りの精算時、店長からお代はいらないと言い付けられてますので結構ですと言われ、一応そういうわけにはと言ったが、またその店長が奥からこちらに走って来る、とにかくなんだかんdと、謝られる。そして結果的に無料に、

それが40歳位の事。タカアンドトシもよく通っていた店なんだけどね。

思いだした。

 

Webサーバ環境を切り替え

もう20年になる、インターネット黎明期と言える頃、職場のハッカー が、突然、インターネット接続を勤め先で実現デモ、記憶では、1993年頃。いわゆる、IT業界的には、1983年に登場のIBM PC/AT並びにその互換機がまだ、WindpwsPCと呼ばれる以前の頃の話だ。下顎が床に落ちる経験だ、PC(パソコン)が電話回線を介して文字や、何と写真を送り合い表示出来ている。
の中身の仕組みをレクチャーされる、ハイパーテキストと言う機銃による書類で実現すると知る。
モザイクと呼ばれる、一番初期のブラウザをインストール、簡単な、ハイパーテキストテキストエディタで自分で作成して見て、感触を体験、頷いたと同時に、ハマった、何でも出来る、プラットホームであると。自身の PC(パソコン)が、 Macであった事が、好都合であった。既にグラフィクスな環境であったから、職場の他の殆どが、 PC9801の時代だ。
それから2年ほどであの Widows95が登場、IBM PC/AT並びにその互換機もやっと、インター根xtとが楽しめる機能を身に付ける。でもまだこのころのWindowsPC では音が出ない代物、とうじ業務用の PC(パソコン) で音楽が鳴るなんて、御法度な風潮だった。
がその点自分が使う Mac は、インターネットに向いていた。いろいろな面でね。
自分はそのホームページの設計デザインに、 猿の様にのめり込んだ。職場でも、自宅にいる時も、寝るを惜しまず、カチャカチャとWebの中身を探った、自分のホームページを作ったりだ。

自宅でもインターネットに接続する様になる、まだ、常時接続ではなく、プッシュ本回線にモデム接続、最初に契約した、インターネットプロバイダーは、今は無きリムネット、近所の家電量販店で、スターターキットが無料で配布されていた時代。と言っても中身はCD(Compact Disc)1枚と簡単な冊子。ホームページが公開でき、電子メールも使える用になる、学ぶことはどんどん増える。
そしてプロバイダから、ユーザーに提供される、Webサーバー容量である上限の 10MB にすぐに達する。
2022年現在のiPhoneを代表とするスマホ(smart phon)の写真のファイルなら、4枚で、5枚目は保存できない計算だ、そこで写真を必要最小限に加工する、ここでそんなアプリも扱う技術を身につけた。
でも、やっぱり綺麗な写真は余りが非tを落としたくはない、それにしても、容量が足りない。
プロバイダのオプションサービスで、10MB単位で容量を増やせるが、例えば元々の10MBにプラス10Mで20MBとかに、してもプラス月額500円などという時代。
そんな処に目をつけたのが、ある時期を境に、レンタルサーバーと言うサービスが大k登場した、容量と、価格、そのスピード付加機能でニーズを煽る。自分もそれに飛びついた、希望としては100MB もあれば嬉しいのだが、当時1GB と言う大容量で月額500円と驚きの低価格、確かPC の内蔵ドライブが10GB 以上になった頃だ。
最も自分自身のスキルも上がり、最適な画質解像度等の勘所が解って来た頃で、遅い接続愛線でも、ストれるないホームページの作り方もわかってきた頃で、客観的に、本当に100MB もあれば従分と言うと状況に対して、さくらインターネット社の、レンタルサーバー・スタンダードプラン月額500円を契約した。年間割引で5000円だ、ついでに専用のドメイン名m種おくこちらは1年間で1500円、当時押しては信じがたいほど安いサービスであった。それから気がつけば軽く20年程経過、この世界も様変わり、同社のプランにもさらに安価な月額131円(年額 1,571円)と言うプランがある、今回これに切り替えた、それも今までの契約をポツリと周良して綺麗さっぱり、再出発で、ドメインまで変えた。
年間なんだかんだで、約10000円の出費が、ドメイン名の取得を1本含めても、1年で3000円程度となる。
年間7000円の儲けとなる。で驚くのが、これまで比較で、明らかに格安と言える契約時のサーバーの容量だが、何と、容量100GB と言うから、その点には驚きだ。当初は1GB で 一月500円、ストレージ容量の増大の恩恵だ。
そうそう、2000年頃は、これからは、動画も扱う事が多くなると言う噂で持ちきり、だから、Web サーバーも大容量化が必要とかそれを支えるインフラもブロードバンドだ m SDSLに光だと、喧しかったけど、とにかく代用呂がトレンドでした、んで今誰も手前で、その動画データをもたzyにm YouTube を返す事で他王という時代になりました。

Mac Studioの登場。

 

  MaxSE/30、初代iMacがそうであった様に革新は繰り返されるのだろう、一体型=エントリーモデルと勝手に分類
今回2002/03/09、Mac Studio の発表 iMac27インチの後継機種と待っていたが、この
Mac Studio に 32インチクラスの駅所を組み泡ひtウノが、今の時代のYOUTUBERいうなのかと感じた。本体は32GBんメモリで249,800円(税込)と、しっかり高額だが、今時32インチのエントリー液晶は、30000sにはから存在する。

Mac Studio のインプレを見て、36回分割を考えている。

スノーボードハーフパイプ

なんだかんだと、夏冬オリンピックは開催にこぎつけた。全国、地元でも300人等の品期間感染が報じる中だ。そこが凄い。

その北京オリンピック、務めていた頃北京に仕事で出向いた事が、ある通訳が、気を利かせて、万里の長城に登るオプションを挟んでくれた、ありゃァ凄いわの一言だ。藻岩山程度の上からみつと、その長城が1本長々とでは無く、何本もが、蜘蛛の巣状に配置されている。あの崖に沿ってだ。

んで、その、スノーボードハーフパイプっだが、13mものジャンプ、中継がまた凄い、早口で、技を説明、フロント(front)、サイド(side)、バック(Back)何とかと. . .前なのか、横なのか、後ろなのかは未知数だ。とにかく、4040なのだそうで、ダブルコークや、トリプルコーク、平野兄弟、凄すぎだぞ、驚かされた。

自分もモスなどで、ダブルコークぐらいは頼んだ記憶はあるけどね、スポーツ音痴な自分でした。

ニトリ・カラーボックスの付属樹脂タボの強化

家具でおなじみ、ニトリブランドお、カラーボックスを購入した。

お部屋の整理整頓目的。

実は、個人的には勤めた職場で、12組みを手動ドライバ🦆1本で組み立てた事があり。その華奢な作りと重なり、印象はよくないんです。1981年の事です。

その製品の正式名は、

カラーボックス Nカラボ 3段(ホワイトウォッシュ) 価格1,518円(税込)という物。

    サイズは、幅41.9cm×奥行29.8cm×高さ87.8cm 、となり、

重量    約8.9kgは結構な物、絶妙な設計である事が手に取り伝わります。

組み立て式ですので、付属の専用ビス12本で、写真の様な形状になります。

実は私現在左手び障害を持ち、使えません。車椅子にのろ、片手でも組み立てられました。健常者であれば、小学校高学年児童でもイケルのではないでしょうかね。

 

中の仕切り板は、ににの高さに選別して、固定できる部品(タボが付属します。)

これがまた良く設計されており、樹脂製ですが、結構しっかり仕切り板を収める事ができます。

f:id:kitanosawa:20220127102054p:plain

 

出来見立てた所、中の仕切り板がもう1枚欲しいなとおもいました、

調べると単体での販売もありました、早速注文、在庫がなく、2かげつほどかかりました。

到着後すぐに組み付け、問題なく大満足です。

 

ところがつく方の問題で、ついちぃ便利と、何っとはも肝っとはものせてしまい受領オーバーで、ダボが破損しました。長重量な、オーディオ用電源おらんすという鉄の塊です

f:id:kitanosawa:20220127104334p:plain《以下がその付属のタボ》刻刻部をパネルに差し込み使います。

f:id:kitanosawa:20220127103827p:plain

 

そこでもっと丈夫なものが手に入らないかを検討、

モノタローで、棚ダボ 差し込みたいぷ ゴム付き1パック(4個入)329円を入手しました。

元々ニトリの聖でもんがあの製造制度が、驚異的で、ぴったり治ります、それにより、組み立てても、カシット治るんですね、そごいです。色合いも良いし、あは無茶に使わないという事ですね、10年、20年使えるのでしょう。

 

f:id:kitanosawa:20220127104334p:plain《以下がその付属のタボ》刻刻部をパネルに差し込み使います。

棚ダボという製品を

f:id:kitanosawa:20220127104032p:plain

 

f:id:kitanosawa:20220127104334p:plain《以下がその製品の形状図》

 

f:id:kitanosawa:20220127104110p:plain


 

最後に、くっれぐれも、チューニング行為であり、ニトリ社の使用範疇を超えているとおもいます。個人責任となりますね。

このかアービックス自体は多変優れていると

評価しています。