FOSTEX FT66H ホーンツイーター

FOSTEX FT66H ホーンツイーター

224歳の頃、札幌市内のとあるショップで手に入れた、当時2セットで40000円近い

 

同じくFOSTEXの20cmフルレンジバスレススピーカーに無極性電解コンデンサ1個で

簡易接続、いろいろ遊ぼうとしていたのだが、おそらくは負荷のインピーダンス変化で、自作のDC パワーアンプ(A級増幅 10W+10W弱)のトラブルおそらくは耳に聞こえぬ発振でもあったのか?何と1週間も経たずに上天と言う自身の自作オーディオ歴最も最悪の事件が勃発、その時は落ち込んだです。なぜか?量チャンネル、オブジェとなりました。写真のような、木製の置き台を作ろうとかいろいろ思っていたのですがね。

 

写真はWebの拾い物

 

 

その後は、10cm径のパチスロから取り外した、変哲のないユニットに付け替えて、中高域の補填をして、結婚するまでそのサウンドを楽しんだ。

f:id:kitanosawa:20170816073835p:plain

 

 

機会があれば、再トライしたいと長〜くお考えていました。

それもこれも、社会人となりちょくちょく、仕事として出かけることの多かっ秋葉原の某店の店にあった。10cmフルレンジバックロードホーンにちょこんとのった古ぼけた

同種の JBLのホーンユニット 2402Hとの組み合わせ(マルチチャンネルアンプ動作)を耳にしたのが未だ忘れられないのです。

 

バックロードトhしえホーン方式、ツィータといってもこのクラスだと、中音域の再生も侮れない。

 

そのようなものを視聴できる店舗も無くなりましたね、一時期札幌にもアキバにも多くあったのですがね。

やはりそう言う事書xyつks毛で、自分も手に入れようと思うのではないかと思うのですがね。

ハイエンドオーディオと呼ばれ、足の長いブームは続いていますうが、そういったミッドレンジなシステムで、良い音を生活に取り入れれるブムーはまたおとづれると信じて疑い自分です。

Paparazzi!

ネットページをそのままのイメージで画像データーにするアプリケーションソフト

それが”Paparazzi!”だ。

f:id:kitanosawa:20170816052327p:plain

随分長いお付き合いだ。こういったアプリ(こういったという意味合いや範疇、定義は個人的なものなのだが)小技的な処理をさらっとこなすアプリで、いわゆる、高機能というか多機能スクリーンショットアプリです。この手のアプリ、自分のMacには古くから不可欠で、”アプイケーションフォルダ”に "TOOL”というフォルダを作り、そこにひとまとめにしている中の一つで、Mac的には同じく?

”アプイケーションフォルダ”の "ユーティリテー”というフォルダに近い存在だけど、結果的に常用のテキストエディタJedit X”や、Webサイトコーディング”Coda”FTPクライアント”Transmit4.app”、お掃除アプリ”CleanMyMac 2”、”Pixelmator”まで、この”TOOL”に収めてドックにリンクしている。

その”Paparazzi!”だけど久々にアップデート探ってみたら、大幅にアップされていた。

f:id:kitanosawa:20170816051911p:plain

何がって、 さてさてそれは、...

写真の持つ力

ざっと15年ほどしか前ではないのだが、知人に教わりインターネットの世界を体験させてもらい、本日に至る、胃c職場の同僚だった彼は当時最新すぎたその技術を勤め先に天気した、初めは、自社サーバーの立ち上げ、ドメインの取得、車内 LANの構築。

ネットはISDN だ。まだ、光とか ADSLなんてない時代、

自宅にもその環境が欲しくて 懐かしい 38400bpsのモデムと Mac PM7600/120をセットで、15インチのカラーモニタでネットデビューした。

それまでニフティーはダイアルアップで、長く使っていたのだが、 Web世界は別物だった。

それと同時にホームページの作成技術に興味をって結果、今はそれも仕事の大きなウェイトを占める。

2017年になり、もう一度0ゼロから、Webの世界を再勉強してる。

ッレスポンシブとかHTML5+CSS3とこの世界進化は激しい。そしてAdobeからは2020年であのフラッシュのサポートが終了となる話が出ている。

2017年の今年になり Webページをデザインしていて、つくづく思うのは「写真」だ。

写真というものが持つ力に改めて関心を持つようになった。

どんなにイラストレーターで芸術的?な描画をしてもトリッキーな文字言葉を並べても、

1枚の写真でガラリと根本が変わるということに再認識をさせられる。

答えを先に言うと、写真はスマホではなく、デジタル一眼で撮影すべきだ。と言うことだ、デジイチと略されるが、今流行のミラーレス機でも良いので、大きめの受像センサーを備えた、カメラを買うべきで、持つべきと言うことだ。

 

多確かにスマホのカメラも素晴らしい写真が撮れるし動画も撮れるけど、デジイに写真は別物なのだ。

専門家が使うものというイメージがあるのだろうが、(自身もそうだった。)30000円クラスから手に入れられる。女性であれば、綺麗で美しく撮れるし。

いくらスマホで、写りのよくんsる敵を磨いてもデジイチのsy新h全くの別物。

昭和の時代のその手のkメラニありがvひな難しさや、マニア性はなく、バカチョンで綺麗に撮れる。

そんな写真は心に残り、目に焼きつく。

 

良い出来事と悲しい出来事。

昨日2017年8月11日、午前、お盆でしたね家族とお墓参り>茨戸霊園、に出かける前に中学からの親友に約30年ぶりにあった何より元気な姿を見て大きく一安心。

 

こちらは逆に、杖をついての訪問、おばさんも元気そうで何よりです。

良い出来事ですね。

でもその午後時t句にtuiteWebの情報で次世代のmacOS最新版でJavaのversion6がサポートされないことが決定されたとのニュースが届いた。

つまりこのブログの最も人気の高い記事、MacOSのバージョンアップ後に、Adobe社の定番アプリ、イラストレータの古〜いversion CS3が起動するかについての報告ができないことを意味してしまいます。

悲しい出来事。

《解説しよう〜っ》

Javaとは、サンマイクロシステム社の誇るアプリケーション開発ソフトと

そのスフトをPCで動作する為の環境で素晴らしい性能を誇り、多くのアプリケーション

フォフトがその組み合わせで、実働して世の中で働いています。IT 業界のまさに縁の下の力持ちの最大のその一つであります。その筋の人まみな口を合わせて同意するでしょう。

 

イラストレーターはその環境で動作するわけで製作された時点ではその Javaのversion6で動作していました、しかしJavaはそれから大きく進化を遂げて、もちろん便利で洗練されていくわけですが、今普通うに Macを購入するとJavaのversion7が動作します。

でもそこはJava側も、PCの動作進化に合わせて、最新のPCやオペレーティングシステムに対応すべく、小野時勢に合わせて古いバージョンのJavaのversion6をこの10年最新のPCでも使える様に、対応(これをIT業界ではサポートと言いますね)し続けてきました、サンマイクロシステム社さん大変だったでしょう。

でmp今回アップルもメージャーアップデートではないけど、大きくOS をアップすると発表しています、OSの根幹tも言えるmファイルシステムを維新するそうなので本気度を感じます。

まぁ、10年その間 OSは標準で 64bit化など革新的な変化を遂げました。この時をきっかけに一気に、古いアプリも新しいバージョンに乗り換える時がきたと言えます。またここから5年10年と下りきるためにも必要なステテッップなのでしょう。

イラストレーターの今のバージョンって実はすごく絹が豊富なんですよ、今からワクワクです。

 

アドビ社 FLASH

アドビ FLASHが2020年で、終焉という話題がネットで賑やか?

PCの安定普及、インターネットが市民権を得た頃制作現場はこのアドビ社 のFLASHという技術で、大きく揺れていましあ頃を思い出しました。

軽いデーターで「いかにも」というダイナミックで神秘的なコンテンツを再現出来たその技術は、多くのネットユーザーを楽しませてくれましたね。

YouTubeの動画フォーマットも(確か)FLASHのはず。現在はさらに工夫された様々な技術もあるのですが、お疲れ様といういう感じです。

アップルが、色々な問題からFLASHiPhoneへの対応をしなかった判断も東証は懐疑的だったけど、結果それらを対比して、現在困る人はいないですよね。

フラッシュって今こそアドビ社となりましたが当初、発売元は、マイクロメディアでしたねこれも懐かしい。

今でこそ自分の生活に絶対不可欠なアドビイラストレーターですが。

個人的には当時マイクロメディアの同様のアプリ、フリーハンドの方が相性が良かったことを思い出しました。

おじちゃんが、昔々を懐かしんでいるだけです。

 

Mac book Air Late 2007を使ってみた。

先日、Mac book  Airlate2007を使ってみた。知人が当時買った本体で、まだ現役。

当時そのマシンを触ってみて、そのサクサク感に驚いた記憶がある、ほぼ吊るしの状態だからなのだろう。

自身が使っていたノートをクリーンインストールしたくなった覚えが。

その能登なのだが、入っているOSも当時者で、いくつかの操作につまづいた、当時はづウーに使っていたのだが、そんな物なのだろう。OSX10.5だ,、色々とそさにつまづく。

 

 

macOS 10.12.6 が公開された。

macOS 10.12.6 が公開された。

 

f:id:kitanosawa:20170720065910p:plain

macOS  Sierraも次バージョンのmacOS High Sierraがこの秋登場とアナウンスがあったのでこのmacOS 10.12.6が最後なのかもと思いつつ、早速インストール。

綺麗にインストールが完了した。

f:id:kitanosawa:20170720065956p:plain

 

そんでもって、AdobeIllustrator CS3ですが、こちらも無事起動動作しています。

f:id:kitanosawa:20160925212745p:plain

 

さすがに100%諦めていました次バージョンの macOS 10.13ですがそこでもAdobeIllustrator CS3が動作する可能性は大きいなと感じています。

所で、macOS High Sierraですが、自分の過去の経験で、アップルの秋と言うタイミングは意外に終夏と言うタイミングが多買った記憶が。8月末ぐらいと考えています。

どんなイノベーションを与えてくれるのでしょうかね。