光回線が調子良い

 

Netflix (ネットフリックス)のサービスである回線速度測定の値なのだが、

2年ほど前だと、30Mbps程度の速度、とはいってもネットでの映画は非常にスムーズに楽しめましたし「遅いなぁー」などと感じる事はありません。

昨年、このブログの記事にも書いたように、いわゆる、ダウンロードではなくアップロードの速度が100Mbps を軽く超えていることが判明驚いたのはつい先日な感じ、

そして昨日、スクショは撮り忘れたのだが、本日今時点で、63Mbpsの値です。ダウンロードも数年前の2倍です。昨日は80Mbps後半でした。

何かが改善されたのでしょうね。キャリア側のインフラ増強でしょう。ありがたいです。20-30Mbpsでも不住ないのに、その2倍3倍とはもう十分で、この暫くお休みしていた、アマゾンプライムビデオ見まくりです。

ちなみに調べるとアップロード側わさらに220Mbps と訳もなく高速です。

Webサーバーへのデーター更新んどは一周という感じで終了、PCの

HDDと HDD間のコピーのようなローカル環境のようです。

 

f:id:kitanosawa:20190123114144p:plain

 

FirefoxDeveloperEditionの 最新CSSエンジン

Firefoxブラウザの開発版である、FirefoxDeveloperEditionを私は常用していますが、

その最大の魅力は、最新の技術がいち早く体験可能な事です。

PCがまだ低速な処理であった時代、アプリケーションソフトウェアの動きの良さは大きなポイントでした。通信回線のお掃除大インターネットブラウザの動作には多くを期待してしまうものでした。当時から自分は、Macユーザーです。

インターネットブラウザはネットスケープ社のネットスケープコミニュケーターなどのブラウザでした。その後それらはオープンソース化、その後を継いだのが、Firefoxブラウザなどです。シーモンキーも有名です。

 

そのFirefoxDeveloperEditionですがその性能を説明する内容に感動、その説明では、全く新しい、 CSSカスケードスタイルシート)と呼ばれる、ブラウザの文字やシャディんをレイアウトさせる重要な技術の一つが高速であるという事。こういった擬似をよくエンジンと言いますが、その説明で使われているイラストが次です。

見てどう思われますかコンピューターアプリケーションの機能説明のイラストとはもう思えないです。

ロケットかじえっとエンジンの内部構造、mさにエンジンですね。

 

f:id:kitanosawa:20190123112006p:plain確かに

、そのFirefoxDeveloperEditionですが、このQuantumと呼ばれる CSSエンジンのおかげかは定かでは無いですが、

このブラウザの表示レスポンスは高いと思います。

 

と伝えたかっただけです。

 

 

 

 

トヨタ・ジャパンタクシー

トヨタ自動車が販売するタクシー用トールワゴン型商用車であり、次世代的なタクシー専用車両です。


クラウンコンフォート/コンフォート及びクラウンセダン(いずれも2017年に販売終了)しており、2020を控え、日本の新しい移動インフラの顔となる事でしょう。

ドアが標準で、スライドする仕組みは、従来より狭いシーンでの乗車を可能とする事と

 

現在障害を持つ身としての感想としては、大きく余裕ある使い易い取っ手が乗車時にとても便利です。託しのあの手動開閉機能が無い分、改造の必要無く、タクシー会社の出費も抑えられると同時に、それを生業とした企業は痛手となった事でしょう。

聞くところでは、今後のタクシーはすべてこれになると言う事です。

個人的には、黒系のボデーで今一つと感じますが、イギリスっぽいデスが、アメリカの黄色とまでは言いませんが、他になかったのでしょうかね。

乗り心地も良いのですが、 FFというのはイマイチ、モーター仕様のE4WDモデルが登場すると、雪国では好まれるのではと思うのは私だけなのでしょうかね。

f:id:kitanosawa:20190120122306j:plain

 

 

豊漁という響きと、取れすぎという響きのギャップ

自然相手の、海の恵み、あ肥前の営み、大枠での漁期や収穫量はあるのだろうが、常に予想を超える結果の歴史の積み重ねだったのだろう。

北海道視線では、mボロ氏と言われていた、誰もが半ばきらめていた、あのニシンが奇跡的に北の湖に戻り、ここ数年、地元物が食卓に並ぶ。

かと思えば、夏の風物詩、烏賊の収穫はぱったりと途絶え、漁師を悩ます自体に、秋といえばサンマも地れずに、魚体も小さく大変高価、さらに取れる時期にも大きな変化が出てきているようだ。

中華の各国の漁船が根絶やしに採り尽くしているなどの味方も報道されているが、それだけが原因ではなさそうだという話も多い。

対して、網には予定外の魚が掛かったりと何かがおかしい。北海道の食卓ではあまり一般的ではない鰤(ぶり)が豊漁だそうだ。

 

秋シャケの収穫は数年続いた豊漁から、さけ・ます増殖事業(さけ・ますふ化場)の縮小との話を聞いたが、そう簡単に自然をコントロールできるものだろうか、長年の北海道の国策的事業による今の漁獲量、取れたから、縮小、釣れないからと、そのさじ加減は、どうなんだろうと思う自分です。

 

対して、2019年に入って保本会の恵み、ズワイガニが獲れすぎで、漁獲可能量に達し、規制に入ったとの報道が飛び込む。

あとは北海道冬の名物、タラも不良と聞きますが、これは、世界的で、北欧でもでも深刻だそうで、こちらは、概ね乱獲がその原因と、小ツェが出ているとの箏、取りすぎが原因、タンカーのような大型加工船が、沈みかけるほど取り続けた結果と言われている。1970年代からとの箏。

ここで取れた魚を冷凍、世界中の市場に流通販売され続けたことで、白身魚の代表となったわけです、美味しいと言う事がポイントであったと思うのですがね。

 

北海道も過去に、ホタテの取りすぎ根絶やし状態、養殖により資源回復と、現在があります。良き方向にに行きますように祈ります

 

2019年シンセサイザーの登場から約100年

シンセサイザーの登場から約100年が来年、

正確な史歴に反っているわけではありませんが、

大湯そそうだと聞かされてきました。

電気電子ということでは、ミニムーグという装置が元祖とされますが、実は、数世紀も前にさかのぼるんですよ。様々なおtの出るものを組み合わせて音楽的な事を行なったのが始まりということです。「ウンウン」

1960年から70年ICが普及、オペアンプという、アナログ信号を扱うに都合が良いデバイスの出現は、机の上に置ける「ディスクトップ」な電子楽器の実現の可能性が見えてきた、そこで作られ代表がたのが、ミニムーグだなのだが、実際にはもっと、もっと古くその電気電子ベース的な歴史はかれこれ100年経ちますよという意味。

 

その後はご周知のとおり、デジタルの前世、サンプリングマシンの登場で、異次元の装置が次々と登場。音がう業界を牽引しています。

日本では、YMOの登場のてくんミュージックブームで認知されたと思います。

 

オペアンプも進化しましたが、電気電子部品の中では、すっかりレガシーデバイスですが、日々新モデルが登場しています。

なんとなく綴でした。

HTMLって、HTML言語とも言うのですね。

HTMLって、HTML言語とも言うのですね。

火性も最後の2018年12月24日午後2時ごろ、偶然 Webの情報で知りました。あの、ウィキペディアにもそう書かれているので、そう位置づけされているのでしょうね。

もし〜ならば的な物はないのですがね。

けつ曲それを補う、物がセットとされ、外部に付け加えられ、現在のWebを支えて今日を二ウタリますがね。

 

 

冬ソナ(南怡島)

冬ソナ、一時代を気づきましたね、お仕事で、歓呼クォ訪れ始めたのがちょうどその頃。ソウル市の街中繁華街明洞(みょんどん)ではその主人公ヨン様のマフラーが、屋台で大人気、露天商から大変声をかけられましたね、

実は当時冬ソナは良く知らなく、対応に戸惑っていました。 A4-A3程度の四様のラミネート写真を複数枚屋台に貼ってマrーを販売していました。

大笑いですよね。懐かしいです。

その時点で地元では、もう彼は下火で時の人ではないと言う客観的な表亜を聞かされていました。札幌に戻るとタイムリーに冬ソナの再放送、それを鑑賞、人気のイメージをつかめました。

それ以降積極的に韓国ドラマを見るようになりました、焦ったさが、ストレス気味ですが、そこが韓国ドラマ、なんともいえないですよね、

歴史的な背景もよく分かり「殿の〜っ....」大変感奥になおさら興味を持つ気きっかけになりました