バクテリア(細菌)について

バクテリア(細菌)について、以前ある人にいただいtスプレー製品が手元に長くある。机の引き出しの奥にのこっていた。バクテリア(細菌)によるバイオ消臭剤という物、長時間の効果があるそうだ、何の気なしに1本まるまるつkしきって、今に振りかけた。

これの様なものを大量にふりかけ、引火爆発の事件が少し前にあったばかり、ストーブの火が消えていることは確認。その効果は、わかりません。若干の香水臭がするぐらいで何ともわかりません。

”無害・無臭のバクテリアが腐敗臭を元から分解して消臭。
環境にやさしく、安心して使える消臭剤です。
ホテルやタクシーでも使用されています。

人やペットに全く害のないエアゾールタイプのバイオ製品で、散布する方や周りの人の健康を害する心配はありません。

特許取得済み

”という商品で、OE-1という商品...だ。

Webで調べて笑ったのは、世で細菌とかバクテリアという説明で参考として使われる写真のほぼほぼ100%が、大腸菌なのだそうだ。

シガレットジャック対応プラグアダプタについて

モバイルバッテリーと言う物の存在ですが、ある海外勤務の長方のブログコメントで、自分は頷いた。
自身も経験があるからだ。なにせ、車での移動が多かった。そんんときに不可欠なのが、当時携帯電話の充電
これは自動車定番のシガーソケットと呼ばれる物から電源を得る、アダプタのお世話になる。のだが、近年のiPhoneを代表とするスマホだとここに若干のハードルがあります。
そのブログではそこをコメントしているのです。
このシガーソケットはDC12で10A〜15Aは楽に得ることが可能な規格です。
しかし、このシガーソケット側はそうであっても、そこにつながるプラグ側は、簡易的な構造の部品が多く、個人tr機には結構ストレスとなる部分です、がしかしその手軽さはなかなかで、10Aもの電流が流せれば、その応用は大変幅が広いです。
Sれで、秋葉原界隈でもこのプラグですが、流通している備品としては、意外に5A程度までしか流せないもの止まりなのです。またその構造から、接続構造が簡易的な設計で、接触抵抗もある、発熱によるとラブrも多く遠ラブrの根元でもあります。
そこで某国での車の必須うアイテムとして、今プラグから、いx湯たん、 AC100Vを育成して、sじまうと言う話なんです。その上で、ACアダプタを使い充電すると言う話なんです。
これって結構正解かも、しかもそれrs装置はにほ年で2000円程度で、その本体には、さらに USB充電コネクタもついていて、いわゆるスマホ受電向けの2A出力企画になっていると言う話、
確かに 
意外に雰囲気は違う、シガレットプラグタイプのUSB電源供給アダプタが市販されていますがそれらは最大供給電力が 1A以下となっています、このさりげない1A以下というのが数字の騙しであり、実際に1Aの消費を連続でなど使えないものがそのほとんどです。
なう部に使われる集積回路の最大電流は確かに1.5Aなどの規格品なのですが、0.5Aも流すと、樹脂が溶けるほど発熱しますがそれら熱をを効率的に放熱する仕組みになった製品など、見かけた経験がありません。
自身も手元に持っている同様の製品は分解すると経験では、0.3Aも流すと破損してしまう様な仕様です。

新しいiMac Late 2019

現在私のPC環境は
iMac. Late201312月のクリスマス後に納品された物ですが、
自身の経験から、すでに6年が経過、いつ途絶えてもおかしくないと薄々感じていました。実の所これほど、長期間使えたPCを所有した経験はありません。
今の環境では今後もディスクトップ機、それも Macでありたいと考えると次もiMacでと考えていましたが、その後も大きな真んかは無く、でも同等性能はつまらないなぁなどと思っていました。ところが咲き実大きなニュースが、
Appleが「iMac」をアップデートと言う物。
基本デザインはそのままに、
27インチ5Kディスプレイモデルが2.4倍高速となる最大8コアの第9世代Intel Core i9プロセッサを搭載、
最大5.0GHz(Turbo Boost時)という目を疑うような数値が提示されました。68030 16MHzに始まった自分の Mac生活今の PCにとって16MHz などは数でしかありませんが、
今よりさらに高速なメインメモリを最大で今の2倍64GBと出来る事が最大のポイントかもしれません。

f:id:kitanosawa:20190320085544j:plain

といった話。

やっぱアップルは Macがぶいぶい言わせていないとね。

 

瀬川あやか さんについて

富良野出身の、瀬川あやかさん、なんでも看護師として働きつつ、芸能活動も行ってるとの事、素晴らしい。

ギター1本で、アイドル的な扱いで、札幌にいる限り、多くの企業のCMに出演して、知名度は高く感じる、全国区なCMにも出演している様子は、活躍していると感じまし、歌声も美しく、可愛さもあります久々に道産子芸能人です、木記憶では最近結婚した、菊地亜美さんに続いているのではと感じます。

Jedit Ω Pro についての最初の最初

ょっと前に紹介した、MacOSの定番的なテキストエディタである、Jedit Ω Proですが、

本日バージョンが,2.08となっていました、マイナーアップですね。

f:id:kitanosawa:20190313080056p:plain元々は編集画面が、背景色は白で、文字は黒というのがデフォでしたが、

私自身がここの所、昔ながらのPC-DOS時代の「背景は真っ黒に、文字は白色」が感じ良く6年ほど"CotEditor"に浮気していましたが、多機能という点では"Jedit"が1枚以上上。強力な検索置き換え文字整形などの機能は私に欠かせません。

そんな時だけJeditを使っていたのですが個人的に、それって....と感じていたのは確か。

しかもずいぶん以前からJeditはお金を支払っての使用...さらに常に”Jedit”の最新バージョンJedit Ω Proも購入使用していて、対する”CotEditor”は無料です。

さてさて、そもそも"Jedit Ω Pro"の環境設定などで、"CotEditor"「ぽく」使えるのではと思い。俺これやってみるとさらっと成功。その画面が次!出来ちゃっています。

f:id:kitanosawa:20190313080042p:plain

ファイル>新規でこの程度にできるようになった。

最もこの最低提言、画面左下の表示倍率を100%を150%や200%にするのはもう長年の癖になっています。がね。その辺も恐らくですが、環境設定などで、初期値を変更可能ハズですが、今のところ手は加えていません。

正直、ササっと手軽なら”CotEditor”が無料ですし、

でもね、なめらかな操作フィールなJedit Ω Proはさらにおすすめです。1200円程度ですしね。

  あと、Webからのコピペで、プレーンテキスト属性出なくなるのも、一発で、プレーンテキスト属性に出来ちゃうことも強み最近感じるのは編集時に<br>タグが一発でいれれない事以前は、シフト+リターンでいれれて便利だったのに....

日本ハムファイターズ といえば、新庄さん

札幌在住、なんとなくそうなると、なんちゃって、日本ハムファイターズファンというのが、自分の立ち位置。今年9月で60歳還暦だが、基本スポーツ音痴な上に興味もなう、ys級などそのルールについてよく理解していない。

たまにテレビで試合を見ていれ「あれっ」と思うことはただただ多い。

それでもその流れで、モラxルタチケットの消化試合(意味を履き違えているが...)

札幌ドームに出かけたこともある、実に美味しいビールが飲めた。

そういう楽しみができるのは知らなかった。

新庄と顔にアザがある選手が試合でホームランを打った、頭上を越えtw、バウンド、全面積に弾が飛んできてコロコロ。普通なら取りに行くのだろうが居みなし、子供が可決目チラ見され、その弾を持って行った。良いのだろうか....ザワザワ。

のちに知人に聞くと「それはいいんだよと」聞いて安堵という自分。

同時にやキュ観戦は危険と深く思った。

その後お兄ちゃんが、ホイッスルを吹いている意味を理解、危ないよという意味、こっちは、ビールでフラフラいい気分、そう言われてどうしたら....放送で、注意してと言われてもね。

その技数年後脳卒中(脳内出血)で死にそうになりましたがね。

ところで、個人的には、おの新庄さんのキャラは好きでした。

野球の才能や成績は知りません。後々監督になって持ちたててもらえればと思います。

プレーンテキストエディタをJedit Ωに戻した。

IT系設計開発業務において、プレーンテキストエディタは不可欠なツールです。

Windowsなら、アクセサリーとして古くから。「メモ帖」としておなじみですし

 MacPCにおいても、「テキストエディタ」というアプリケーションソフトが付属していますし、多くの高機能な同類のアプリが、公開されています。

古くからPCwo使うユーザなら、お気に入りの1本がある事でしょう。私も MacPCでまだ、日本語が扱えない様な時からお気に入りをいくつも使い、どれが良いかをセレクトしてきました、いつの頃でしょうか、パソコン通信と呼ばれていた時代、ターミナルソフトというものが不可欠でそのアプリケーションソフトにセットだったのがJEditと言うアプリあたりから、日本語が正しく扱える様になり常用しています、madam1990年代の話です。もう25年ほど前でしょうか?、岩ゆつサクサクとテキストが編集出来て、検索置き換えも強力で、重宝しました。

その後無料から、有料となりましたが、これが使えないと業務停滞、直ぐに登録した覚えがあります。そのまま20年近く使っていたのですが、

基本白色バックに黒文字表示、少々目にきつい、昔懐かしい PC-DOSの頃の黒背景に白文字が懐かしく、CotEditorという無料の製品をここ5年程使っていました。その間もJeditは進化し現在は「Jedit Ω」として最新版が公開されています。

自身もバージョンをインストールわずか千二百円とリーズナブル。

2-3の操作、メニューの>表示>書類の表示色から、テーマ>ダーク、とすると。背景が黒で、文字色が白隣、自分好みのカラーリングとなる事を知ったからです。

実はこのアプリの「ツール」メニューの機能を使う事が多く、また標準テキストエディタが Jeditに戻りました。

その理由は、