スパコンが個人で所有出来る時代が訪れる:

数年前、日本のソフトバンクグループが、

ARMと呼ばれるプロセッサーメーカーを3兆円で買収した事は業界や、日本の経済界で大きな話題となったのだが、この ARM 現時点で佐田に今後も長く、プロセッサー業界においてのトップシェアを誇るであろう製品なのだ、ARMが使われているのは、iPhoneを代表とするスマホ(smartphone)だ、
年間10億台を超えると言われる生産台数、1台20000円から100000円という端末販売金額は、世界経済の要だ。しかも多くは5年程度で買い替えられる。
単純に年間、20〜100兆円を越すのだ。その製造を一手に担っているのが中華圏なのだ、聖俗と言っても人件費だけでは無く、電子部品の納入も多く含まれる。
それら製品に対して端末の販売においては、
それを介しての使用料や、端末ローン販売手数料、ショッピング(PAY)決済手数利用に当てられる経済金額は膨大である事は確かで、銀行の業務の要に移行している。
さて、2020年北海道旭岳あたりでは初雪の観測にしらせがとごく9月14日朝、Webにて本日大きなニュースが伝えられた。そのARMを、グラフィクスプロセッサ最大大手と言われる、NVIDIA社が買い取ったと言う話題だ、ARM企業価値は約400億ドル(約4兆2500億円)、単純に1兆円程度も儲けが出たおいう事か、日本ってこう言う話が昔から蚊帳の外という感じであったが、こりゃまた業界再編生の動きとなりそうだ。
ちょっと前、築地豊洲移転問題で、東京都知事が「1丁2丁と、豆腐じゃ無いんだから」をおも意浮かべる。
ARMと言えば、あのアップル社がMacPCのprocessorを段階的に今年より従来のIntelプロセッサからARM アーキテクチャにより設計された、Apple製のプロセッサーに置き換えると発表がこの夏あったばかりである。
さらにアップルではこれをApple siliconと呼ぶと発表して半導体業界を驚かせた。
事実MacPCno買い控え現象まで起きているという噂まで、
Intel社一強だったメインprocessor業界が今後どうなるのかは大きな興味だ。このニュースの前、台湾筋の情報で、このARM プロセッサの実際のチップ製造で世界有数である、台湾のメーカー筋のリークで、アップルが、その Apple siliconで使える、グラフィクスアーキテクチャ筋への接触が活発だと言うニュースが見かけられていた。、現在PC(パソコン)といえばノートパソコンなんだが、それらに使われているIntel社のプロセッサにはグラフィクスの回路が含まれています、実は本家であるARMアーキテクチャ自体にはグラフィクス機能は含まれません。Intel社のprocessor事業展開においても囲みはこの点で大きく苦戦していましたが、そこそこ的なグラフィクスだが、グラフィクス機能を内蔵した総合的なprocessorを市場にリリースした事で、PC(パソコン)自体の価格が大きく下げられたと言う実績は知られています。現在のそのグラフィクス プロセッサ最大大手は2社、その一つがNVIDIA社であり、またもう一社がAMDなのだが、このAMD現在唯一、Intel社互換のprocessorを提供している存在として知られ、この企業の頑張りがIntel社との競争効果のライバル関係を保ってきた、自社に有数なグラフィクス機能を持つため、総合processorをふくmr、Intelとのデープ部分での競争では一歩も譲らないし事実、
現在ここ2年程、プロセッサ業界において、真のコストパフオーマンスはAMDにあると、業界筋、秋葉原界隈の店頭では常識的に語られている。

がディ菓子半導体立国と言われた日本も黙っていない、ここに来て頷かされる噂が聞かれている(いた?)
半導体メーカーとしての本来の日本のメーカーの動きだ、日立、東芝富士通NECと言ったメーカーの動きなのだ。
話を戻すと、Appleという伊x手亭の認知度の高いメーカーのMacPCが ARM processorに移行するその製造はこれまでiPhone用の processor(これもARMプロセッサ)の製造を担う台湾の
TSMC(英文正式社名:Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Ltd.、での製造が当然と暗黙的にその筋では思われていましたが、なんと、日本の富士通の名前が上がっているのです。
そこにはまたまた何やらうなずかされる裏話があります、
現在世界で最も最高水準のコンピューターは、日本の富岳(ふがく)で、あの話題となった、スーパーコンピュータ京(けい)の後継機種で2番じゃダメなんですかコンピュータです。試験動作案会にもかかわらず、減災スパコン業界でトップの実力です、このprocessorARMアーキテクチャであり、
その製造は、富士通なのです。
少なくとも富士通にが高性能なprocessorを作れると言う、実績がある事は、結果として叩き出しているといえます。最もこの富岳のARMは今スマホ(smartphone)に使われているARMとはkr達がいな、作りになっているのですが、基本はあくまで ARM、その気になれば、スパコン並みの性能も可能ですと言う代物。
PC(パソコン)登場時はコンピュータが個人で所有できる時代が訪れたと言われたが、次は、スパコン
個人で所有出来る時代が訪れると言ったキャッチコピーでPC(パソコン)が飯場推される時代が訪れそうなんです。
ここmでは、そ業界を知る人には即るあるな話、とこおがまだ話には続きがあり、
先ほどの説明通り、ARMにはグラフィクスが無いと言う事、つまりAppleも、MacPCではこれまで、NVIDIA社や、AMD社のグラフィクスチップを取り入れなくては行けなかったのですが、
もし、これまでどおり、TSMC富士通で製造となった際にプロセッサにどのグラフィクスを取り込むかが半導体業界としては気になる所でユーザーの関心事でもありますし、Intelでksたまった、PC(パソコン)業界全体にも影響は及びます。
答えはあれっと言うところからもたらされました、韓国のある業界筋が、日本のソニーの動きが活発であると伝えたのである。
お気づきであろうか、SONYといえばあの世界中に知られたグラフィクスマシーンPS(プレステ)があるでは無いか、そのPSのグラフィクスは PC(パソコン)用として流通はしていないが、世界樹の場末の場末まで、浸透してその性能ぶりは知られている、テレビ接続という条件下ではあるが、現在の50代以下の日人々にそのグラフィクスの美しさ滑らかさは説明がいらないだろう性能だ。
Accelerated Computingと呼ばれる AMDのCPUとGPUを統合した統合型プロセッサーが採用されているが、これまで:
1994年発表の:PlayStation1ではMIPSアーキテクチャと呼ばれる、RISCプロセッサーR3000をカスタマイズしたものが使われていた。

2000年発表の:PlayStation2では、MIPSのR5900で、これは128ビットのRISCプロセッサーが使われ、この頃既にPC(パソコン)を超えたと話題に。
2006年発表の:PlayStation3では、メインCPUはIBMSCE(*1)と東芝で共同開発したCell Broadband Engineと呼ばれるカスタムCPでオリジナルなアーキテクチャを追求し始める。
2010年のスパコンTop500で35位のポジションを獲得という記録を持つ。
※(米国オハイオ州の米空軍研究所がPS3を1700台クラスター接続してスーパーコンピューターを組んだ例)
ここでの成果は、現在ソニー半導体ビジネスの要となっているとされる。
2013年(秘本では2014年)発表の:PlayStation4だが、TSMCの28nmプロセスで製造されたチップは、AMDアーキテクチャであると言われて来た。

2020年末発表予定の:PlayStation5だが、価格はディスクドライブ内蔵で、50,000円を超えるとのウワッさは大半、ノートや据え置き型PC(パソコン)とモニタを組み合わせた、価格と同価格と言った価格だが、それ以上でも購入したいという声が大半だと言う。
またこれらの情報には、PS4と互換性があるのはほぼ確定との噂も。

となるとプロセッサ等は、PlayStation4と同じかと思う反面、これまで、数々のprocessorで業界をリードして来たSCE、ここで ARMプロセッサに移行し、オリジナルのグラフィクスアーキテクチャで一歩踏み込むと言う噂は後を絶たない、
実はそれは、今後の Apple社の線rys区とのリンク、アップル社が日本国内のベンダーにprocessor製造を委託する可能性もありうる動きに、❶hsyく触発されたのか、中国スマホ(smartphone)最大大手シャオミー(XIAOMi )社が、台湾TSMCを買収する噂が飛び込んで来た。それでなくても現在、米国においての対中華とのIT関係の争いは、激化しています、その代表がiPhoneを代表とすryスマホ(smartphone)が大きく関与します、そのAppleのプロセッサの主要製造ベンダーーである、TSMCを中華スマホ(smartphone)メーカーが買収となると、またさらなる火種となりそうで、Appleが他の
半導体製造¥ベンダーを模索という噂にも信憑製が高まる。今回のARM 本体をアメリカのNVIDIA社が買収という先行発表は、ちゅごく、となると、中国政府か、先導して世界有数のシリコン製造拠点である台湾TSMCを配下に収めるという事は肯ける。
Intel依存のプロセッサー業界の再編成は、もう始まったのではなく、住んでおるのかもしれない。情報に注目だ。一時期のIntelプロセッサの様な、劇的高性能化の繰り返しから、近年鈍化していると感じる自分は、スパコンが個人で所有出来る時代が訪れる:を期待している、そのプロセッサは 富士通製でARMアーキテクチャと可能なら、ソニー製のグラフィクスなのっていると刺激的なのだが. . .

締めとして、ちなみに ARMだがその設立にはアップル 社がおきく関わっており、現在のiPhoneを代表とするスマホの元となった端末に初めて使われたのが、Appleの製品であった事は有名な話である。
SCESony Computer Entertainment Inc.)の略称