ザ・タイマーズで思い出す

iPhoneに保存された膨大な楽曲、

ザ・タイマーズのデイドリーム・ビリーバーが、ほぼ40年ぶりに聞く。

ザ・タイマーズとは記憶では、”  忌野清志郎によく似ている人物 ”と言う設定の覆面バンド、しかし野の実態は言わずとも. . .

音楽業界「大麻」との結びつきが問題になっていた頃、堂々と、それをバンド名にする、ロックなアクション、懐かしい。反骨な世界。

大麻と言うと思い出すすごい話題、学生時代の友人の実家、ほっあいどうあるあるなのかもしれないが、田舎には大麻が自生している。

大麻自体が、繁殖しやすいと聞く、こんな話Webに書き込むなだろうが、別に知られた話の聞き伝え。

ある街の小学校の裏手、通gs黒に使う小径が草ぼうぼうで、町民が草刈機で刈り取ったそうだ。

それから数年後、その枯れ草に火を付けて燃やしたそうだ、するとその煙、もうお気づきの様に、田よく乾いた枯れた今を小学校の敷地で燃やして煙を立てたそうだ、

その匂いに記憶がある人が、さあ大変と気がついたそうだ。子供たちも大変だ、大麻を吸って授業という訳だ。

と言う話ちなみに聞いたのはもう40年前、その話のμとねたが昭和戦後すぐ位だそうだ。

 

くれぐれも学校で大麻を燃やすなと言う話題です。