読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

macOS 10.12.パブリックベータ6が公開された、Illustrator CS3はまだ動きます。

macOS 10.12.パブリックベータ6が公開されました。

f:id:kitanosawa:20170518123608p:plain

 

そして再起動。

f:id:kitanosawa:20170518123640p:plain

無事にインストールは完了。

 

f:id:kitanosawa:20160925212700p:plain

 

そして、Illustrator CS3はまだ動きます。

世の中はもうすでに以前から、Illustrator CC に移行、個人的にはこれmsで CS3での作業で困る事も無く、正直ここまでしゃぶり尽くすアプリケーションになるとは夢にも思っていなかった。ほぼ30年前に名機 MacSE/30  で Macデビュー

当初は Mac draw で線を引き、生まれて初めてのレーザープリンタに感動して。

その後、ちょちょっとした線引きはスーパーペイントでmその後本格業務に突入

miniCAD 3  で本格CADデビュー。

マシンも Ciという機種と15インチモノクロ縦型ディスプレーに。

それまでがPC9801とアスキー社のキャンディーという CADソフトで、プロッタで出力していましたので、全く異次元の環境に恵まれました。それまでのA3サイズから A4にサイズダウンですが、その早さは魅力でした。

そんでIllustratorですが、設計図面から、ちょっとした電子回路もこれで完成させてしまいます。何か年内にはIllustrator CC に移行かなと感じる札幌の初夏です。

 ッッWDC2017でmacOS 10.もmacOS 10.13の噂、もう流石に CS3ダメなのではと感じています。

さらに正直最近、作業中フオント指定素王さで、アプリ落ちるんす。

「再開」が効くので最悪ではありませんが、そのあたりも弱気になっている理由です。