読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 WWWDC 2017 Intel 256Bit命令プロセッサー

もうあとざっと2ヶ月

WWWDC2017  が、本年2017年6月5日~9日に開催される、アップル社の技術系の集まりで、今年で10回目?

同時に新製品が発表になることで有名お祭りだ。

まあ近年はもっぱら、新型iPhoneの事で持ちきり、ああだこうだ、こうなるああなるとか、さらにどこぞのリークデータがネットを騒がせる。嫌いでもありませんが,,^_^;

 

....のですが、個人的にはやっぱり、アップルは Macでしょ、的な希望に夢は膨らむ、

圧倒的な、パフォーマンス

の新型マシーンなんて言うのも魅力的。

個人的にはもう今更ら、次世代Intelプロセッサとかぐらいではなく「えっ」と完全に驚かされる話題をいただきたい。

率先して調べる気にはならないのだが、現在PCの主力のOSは

アップルのmacOS

マイクロソフトWindowsそしてLinuxですよね。

それらで開発したアプリケーションが世の中で使われるのですが、

今の時代インテルのプロセッサが主流ですので、その開発では、コンピューター界の主流となっている,GCCGNU Compiler Collection)がつかわれているか、Windowsだと同社の開発環境だ。

実はインテルにも有料だが、大変

素晴らしいく良いとされる開発言語が提供されておりその筋ではまた知られている。

噂では未公開のプロセッサ機能を使い、同じ処理でもたの処理系より、事実上まぁここで言うたと言うのはMS製もしくはGCCという事となるのでしょうが、

それはやはりインテル社製自社のプロセッサの性能を100%生かすことに長けているわけだ、説得力も高い。

初期の頃はそういったこともおおかxッタと聞きますが、使う側もすごいもので、それr隠し味的な機能を独自に解析、ちゃっかり使ってしまうというから面白く受ける話だ。

 

ところで、今のインテルプロセッサは64bitな訳だが、コンパイラーには、Intel 256Bit命令が存在する、事になっているのです。

64bitの次に来るであろう、128bitではなくです、512bitでもなく

256bitです。

つまり256bitプロセッサが、計画されていると言う事はほぼ事実的な拝領間違いないと言うことです。

過去にも、まだ発売されていないのに開発環境が16bitパソコンなのに32bitだったりということは多くありました。これは、プロセッサが最初動作する際に。こプログラムが64bitに対応のコードなのか256bitコードなのかを確認、してから最適に振る舞うというもの。

普通なら、インテルが256bitプロセッサを開発発表が近いのかと思っていますが、余る話題は聞きません。

単純にbit数が増えれば、性能は格段に上がりますことは知られたことです。

そうはいってもそんな音をするとこれまでのアプリは動かないので、ユーザーは困ります。でもね、アップルは過去にある方法で、それをクリア、何もなかったのごとく

インテルプロセッサで昔のコードのプログラムを動かした、経験があります。

 

私は、インテルではなく、できれば、ARMプロセッサの拡張(並列回路)で、それを実現してもらいたいのですが、そんな発表が無いのか、期待しています。

技術オタクの意見です。

確かアップルは現在プロセッサ設計技術を有していたはず。