読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WWDC 2017 第7世代Coreプロセッサ:KabyLake-Y採用製品

第7世代Coreプロセッサ:KabyLake-Y採用製品も増えそうだ。
この手のチップ過去なら、WintelインテルWindowsIntelの組合せからの造語)が先に狼煙を上げ、一瞬に市場を埋め尽くすという図式ビジネスが当たり前で、それで良かったと思う自分です。
その後いつからか、愛するMacPC にそれらが搭載される事が多く見受けられます。
実は今年も既にアップルのテクノロジー祭典、開発者向けイベント「WWDC 2017(世界開発者会議2017)」6月5日〜9日にて

例によりiPhone8の発表で、業界というか、金融界は活気を予感させているそう。

何せ現在1台100000円クラスの端末が、5000万台単位でロット生産される商材。

最終的には1億セット以上かも?

 

一体いくらになるんだ?、ちなみMacの計算機では、桁あふれする。

〜もう一度再計算ざっと5兆円だ。

 

本当はこれ以上になるだろう、ここ数年の実績から判断するとね。

 

車業界と真っ向勝負
新モデルノート製品発表が噂されており、それらモデルに使われるであろ事が確実視されています。
と同時に、現在のアップル社のノーパソコンに置かれる微妙な構成が整理される可能性にも期待したい。
2017年に入り30000円クラスのWintelモデルが普通化したこの時代、

さらに画期的な軽さに薄さのAIRモデルと他のモデルとの差から普及版のiMac book  モデルで、様々な部分を払拭する答えを示すのでは無いかと噂されています。
噂ですが、多くは、正解というのが、噂の驚かされる所。
KabyLake-Yのパフォーマンスがどの程度かは未知数だが?期待はする。
個人的にはいっそCoreプロセッサをやめて、ARMプロセッサを16とかで並列動作させ、ロゼッタを復活させてなどという、根本な成長も期待したいのだが。

厚熱も抑えられるし、価格も安価、可能なはず既存のアプリが動くなら、高くても良いという

とたるクロックは桁変わるんじゃ。

64bit32コアとかでね。インテルに教えてあgてください。

何となくコア増やして、あとはプロセス限界までじゃもう頭打ちなんでしょう?

ユーザーは多いはず、Macって元々そんなターゲットに喜ばれたでしょう。

 

驚いたのが、随分この記事アクセスが多い、誤字修正と少し加筆しました。