読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

macOS10.12.4_pb4(public Beta) の公開

本日Apple Store経由で、macOS10.12.4_pb4(public Beta)  が公開された。

f:id:kitanosawa:20170228073003p:plain

カチポチクリックでインストール開始。無事完了。

f:id:kitanosawa:20170228073012p:plain

さて恒例のアドビ社Illustrator CS3はまだ無事に起動しました。感謝。

f:id:kitanosawa:20160925212745p:plain

ルアーとの出会い

ルアーとの出会いは、中学生の頃、餌をつけなくても魚が釣れるって?

実際釣具店でおもちゃルアーを1個購入200円台のスピナーである。

水中で、くるくる回るというところが、食い付きそうだと感じたから。

実際、人生初のルアーで、当たりはこのルアー、

20歳の時、桂沢湖で、アカハラ(ウグイ)がヒット、マスではなかった。

f:id:kitanosawa:20170225173620j:plain

 

でも、釣れることは証明された。

25cm程度の魚体、上がってきた時には、ぐったりもう動かなかった

 

それから23歳の時、しつかり道具を揃え、行きつけに勧められたのが、アブの定番ルアーで

1980年初頭当時そんなに種類は多くなかった。札幌アメリカ屋だ。

リールもアブガルシアでロッドはダイワ

ラインはソリッドテグスで3号当時は脱着重視で、スナップ・サルカンを付けいた。

その後、2号とサルカンレスにすると行きなり釣果が上がった。

このルアーは今も初めの定番、アメマスサクラマスニジマスと北海道の河川で大活躍

大一投でひつとノアターンが多いゲンのいいリールだ。同じモデルでも小さいのはダメ、大きい方釣れるだからケースにいつも複数入っている。

40年前からの定番だ。おすすめ。

ダイソーの腕時計 >侮れません。

Webで話題の、腕時計が、それもダイソーとの事。

100円均一で500円なのだが、そのクリテーがハンパないとの事、いいんじゃないかなぁと個人的には賛成、いくつかモデルがあるみたい。

液晶デジタルではなく針というのが憎い。

電池交換費考えると、使い捨て的な?

f:id:kitanosawa:20170225135935p:plain

 

いいんじゃない?「ヒュ〜ヒュ〜」

デザインもキレキレ。

 

いつも通りの、バージョンナップ伴う状況報告。

f:id:kitanosawa:20170222081500p:plain

 

f:id:kitanosawa:20170222081546p:plain

恒例のAdobe Illustrator CS3 は起動します。

 

 

f:id:kitanosawa:20160925212745p:plain

過激な補助灯の時代。

macOS Sierra 10.12.4の、夜間にディスプレイの色を暖かい色に変更する「Night Shuft」についての先のコメントと同時に思い出しました。

過激な時代1980年代、オフロード4WDが大ブーム、自分も札幌では最も先手を切ってハイラックスピックアップ RN-36に乗り、ビックフット自慢していた。

モンロー社の極太ショックアブソーバにステアリングダンパーとまぁ一通りやった。燃費もひどかったが、札幌市内だけど、北区屯田町から、南区澄川片道17kmだけど

冬は3時間班という大渋滞で先日満タンで自宅に戻り翌日帰宅時にまた満タンにした覚えがある、2000っcシングルキャブだったけど、アイドリングの燃費の悪さはすごかったと思い出した。

8.5Jのマイナスオフセットのホイールに、幅広オフロードタイヤで、道内を走り回りました。まだ20代前半、さぞかし周りからは「チャラ男」に見えただろう。その後、パジェロの大ヒットで、勤め先も4WD率はキュ即に上がった。

当時外付けの補助灯wつける事が大ブーム、それも100W+100Wといった強烈な競技用モデルが普通に売られており、世の迷惑を買っていた。例えば、ヘラー社製のドライビングポジションという製品、これはもう暴力的な灯さで、昼間以上の輝度が得られた。

発熱も半端なく、しっかりした配線を行わないとインか火災物だ。

今思うと、十分に容量を増やしたオルタネータが必要だったのだろうが、そんなものは全く無視、今思うとヒヤヒヤだ。

ランクルパジェロ、ビックホーンにダットラ、ハイラックスと車種も勢ぞろい、カーショップに極太タイヤがフツーに展示販売、市場は活気付いた。

三菱ジープもまだまだ現役だったしね。

Night Shuftの良さ効果

macOS Sierra 10.12.4では、夜間にディスプレイの色を暖かい色に変更する「Night Shuft」あ搭載された。

実はこの効果の設定iPhone OSではすでに動作しており、夜間暗闇でiPhoneを使うと。画面がセピア調の色合いになり、いわゆる、ブルーホワイト間が空くなり、いかにも目に良さそうだと感じる。

それが、追うように macOSに搭載されたと言う事。これは流行するだろうなぁと思います。

本当に目に優しい、液晶画面がふきゅの頃、少し破面が暗いとか、ブツブツいっていたが、ここまで、進化すると、少しフィルタ機能を効かした方が良いくらいになる。イノベーションだ。

harman/kardon soundsticks スピーカー

harman/kardonハーマン soundsticks スピーカー

 

通称 クラゲスピーカーと呼ばれ、初期モデル発売当時話題になった。

私がこれを入手したのは訳あり崩れ箱品で10年ほど前、現役です。

YouTubeに接して、昔体験出来なかったアーティストの画像と音源を一人楽しむためだ。

センタースピーカーがクラゲと言われた所以だが。内部に小さな青色 LEDが灯る所も当時珍しかった。タッチボリュームなんてとハイエンドオーディオユーザからは笑われるのだろうが、下手にがりることはないので正解とも思います。

個人的にもアナログスイッチ回路に音声信号を通過させるなんて派なのですが、それは

1970-80年代の事、その後のMOS-FETの発展は半端なく、機械式接点並みの 0.0...Ωという低 ON抵抗と本当これん音の良さそうな抵抗を組み合わせれば、最高の電子ボリユームが完成出来る。もちろんガリ無しだ。

愛機 iMac Late 2013 27" lastと組み合わせです。

現在の機種は無線で接続と現代風ですが、この頃はまだ、  3.5mm  ステレオオーディオプラグで接続という非常にシンプルな物。左右に配置する縦型ステッックススピーカーの片側に(-) と(+)のタッチスイッチが付いており、音量調節が可能と言う洒落たユーザーインターフェースがお気に入り。ずっしりとした低音もしっかり抜かりない。

iMacの純正オーディオの音もなかなかその薄い筐体からよくぞここまでと言う音が聴けるが、専用外付け、それも専門メーカー製と比較するとね!。

これも今のモデルは III で接続アナログ感はもう無い。

f:id:kitanosawa:20170216093434p:plain